心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるにはどうしたら良いのでしょうか?
良くこんな質問を受けますがこれは非常に難しい質問です。

 

実は心理カウンセラーになるには「今日から私は心理カウンセラーを開業します!」と言えば誰でもなれてしまうのが心理カウンセラーです。(クライエントが訪ねてくるかどうかは分かりませんが…)

 

と、言うのも現在のところ公的な資格として心理カウンセラーという資格はないのです。唯一公的なものとしては臨床心理士や公的なものではないものの準ずるものとして産業カウンセラーなどがあります。ただしこうした資格がなくても心理カウンセラーとして開業はできてしまいます。(病院などへ勤務する場合は臨床心理士の資格はほぼ必須となりますが)ですから心理カウンセラーになるには必ずしもなんらかの資格がなくとも心理カウンセラーの看板は挙げられるわけです。

 

一方で、何の資格もなしに開業したとしても心理カウンセラーとしてやっていくのは難しいでしょう。病院や専門施設・機関に就職する場合は尚更です。最もメジャーな心理系の職種である臨床心理士の場合、大学院で専門科目を学んだ後、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する認定試験に合格する必要があります。しかし、実際の就職となると臨床心理士でさえも厳しいのが現実です。このように心理カウンセラーになるのは簡単なのだけれど実際に収入を得て活動していくのは難しいというのが率直なところです。

 

こうしたことから民間の心理カウンセラー養成学校では卒業生を対象に付属の心理クリニックや教育機関・研究機関への就職、提携する企業への就職斡旋などを行っているところもあります心理クリニックが母体のAPC付属心理教育学院など)。これから心理学を学ぼうという人はこうした卒業後のフォローも考えてスクールや教育機関を選んでみると良いでしょう。大きなスクールではすでに何千人もの卒業生がおり専門職で活躍している人もいて、そうした人とつながりを持てるという点でも有利となります日本カウンセラー養成学院日本プロカウンセリング協会など)

 

※現在、心理カウンセラーの公的な資格精度を設けようという動きもあり目が離せない状況です。多くの人がストレスを抱え、「うつ」が社会問題となっている現在の日本にあって心理カウンセラーなどの心理職の需要が今後益々大きくなっていくと予想されるからです。社会的な需要に法制度が追い付いていないと言える状況と言えるでしょう。心理カウンセラーになるにはこうした現在の状況をしっかり把握しておく必要があります。

 

転職して心理カウンセラーを目指すには?

心理カウンセラーの職というものは、いつでも探せば見つかるというようなものではありません。特に日本では、個人が心理カウンセラーに悩み事を打ち明けるという機会が、欧米諸国に比較するとかなり少ないため、心理カウンセラーが活躍できる機会や場所が限られているのです。

 

心療内科や精神科などのクリニックに、正規に雇用されれば、収入などの面でも安定しますが、現時点では多くの心理カウンセラーが複数のクリニックや施設などを掛け持ちしているというのが現状です。こうした中で、独立開業してそれなりの高収入を得ている人というのは、本当にごくわずかです。

 

こうしたことを背景として、転職して心理カウンセラーになることを望んでいる場合には、やはりしっかりとした専門のスクールなどに通って、相応の実力を身につけることが何よりも重要です。また地方都市などに住み暮らして、心理カウンセラーのスクールなどで、通えるものが見つからない場合には、通信講座などを積極的に利用しましょう。

 

心理カウンセラーは一人前になるためには、少なくとも7〜8年程度の経験は必要になると考えておきましょう。もし転職に成功して、心理カウンセラーとしての仕事を始めることになっても、当初数年は高収入などは望むべくもありません。こうした点はこれから徐々に改善されていくことだと思いますが、一朝一夕に社会のシステムが変わるということはないでしょう。

 

しかし将来に目を向けた時、日本ではさまざまなメンタルな問題を抱えている人が多く、またストレスなどの問題も、様々な事件などを通して浮き彫りとなっています。今後は心理カウンセラーの需要も伸びることは間違いありません。

ビジネス関連の参考サイト

個人事業主として独立開業するには?:個人事業主として独立開業するために必要な事とは?個人事業主として開業するための届け出・手続きや確定申告などの税金対策、事業を大きくする上で欠かせない法人化の準備や節税・起業助成金について紹介しています。
自営業者に必要な広告知識とは?:インターネット広告の掲載方法と上手な利用方法など個人・自営業者のためのネット広告活用マニュアル。インターネットを活用することでビジネスチャンスは大きく広がります。
起業助成金を獲得するには?:起業するために利用したい起業助成金の種類と申請の仕方

就職を考えるなら卒業後のフォローも充実している養成スクールを選ぶ!

広告

大学で心理学を専攻したからと言ってそれで飯を食えないのが現実。また臨床心理士など一部の資格を除いた心理系の資格も同様です。
現在一番現実的な方法としては、卒業後のフォローが充実した養成スクールを選ぶことです。大手の養成スクールでは心理クリニックや研究機関を併設していたり、多くの卒業生とのパイプを活かした就職斡旋を行ってくれるからです。
今の心理カウンセラー業界にあっては資格より人脈優先で進路を考えた方が良いと思います。
>>全国の心理カウンセラー養成スクール一覧